忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノースカロライナ州ウィルミントンの幽霊

私は、一度だけ確実に幽霊(あるいは超自然的なもの)を見たことがある。少なくとも私はそう思う。それは、私が高校生になったころの、教会青年グループ旅 行の時のことだった。旅行のメンバーはみんな女子で、私たちはノースカロライナ州ウィルミントンのビーチハウスで週末を過ごした。2泊目の夜に、同室の女 の子(以下Bという)のうちの一人が眠りながら叫び声を上げていたため、目を覚ました。私は身を起こし、周りを見回し、Bのベッドのそばに覆いかぶさるよ うにして一人の少女が立っているのが見えた。最初は、別室に泊まっている女の子だろうと思った。しかしよく見ると、そうではなかった。私は完全に目を覚ま していて、少女がBのベッドの周りを歩いているのをのんびりと眺めていた。ふと私は、壁に赤と白のストライプのタオルのようなものが掛っているのに気づい た(しかしこんなタオルは就寝時にはなかった)。私が心底恐ろしく感じたのは、二つのベッドに面している鏡が真っ黒だったことだ。暗闇の中でも、鏡には何 かしら映るものだが、この鏡は完全に真っ黒だった。まったく何も映っていなかった。少女は私が見ていることに気付き、これ以上ない憎悪の目で私を睨みつけ た。彼女の瞳の放つギラギラとした怒りを未だに覚えている。私は全身に寒気を覚えて、震え出し、幽霊がいると叫び始めた。これによって眠りながら叫んでい るBは目覚めなかったが、同室のほかの二人の女の子は目を覚ました。ただ彼女たちは「寝なさい」と言うだけだった。少女の幽霊は消えなかった。一人の女の 子が私に「落ち着きなよ」と言った時も、幽霊は平然と別のベッドの端に立っていて、私たちを見ていた。私は泣きはじめ、布団にもぐりこんで、何とか眠りに 就いた。朝起きてみると、鏡が普通に戻っていて、タオルも壁に掛っていなかったのでとても安心した。もちろん、私は「幽霊だよ!幽霊!幽霊がいたのよ!」 とみんなにまくしたてたが、あきれられて、「クリスチャンは幽霊なんて信じないし、あなたも信じるべきではない」とたしなめられた。(そんなんで説得され るか!)。私のことをホントに馬鹿ねと言いながら、私が夜中に起こした女の子の一人が笑った。私はもう一度話を繰り返した。気味の悪い少女、黒い鏡、壁に 掛った赤白のストライプのタオル。タオルのことを話した時、彼女は笑うのをやめ、変な顔をした。その顔は彼女が私に起こされたときに何かを見たことをはっ きりと物語っていた。私は何も言わなかったが、しかしそれ以来、私の幽霊の話が持ち上がると、彼女はすぐに話題を変えた。
PR

メルボルンの男の子の幽霊

ある女性がラジオで幽霊を見たという話をしていました。怖い話です。
数年前、その女性は家族とともに、オーストラリアのメルボルンに立てた新築の家に引っ越しました。ある夜、彼女の赤ちゃんが泣いているので、ベッドから出 て赤ん坊を見に行きましたが、突然赤ん坊は泣きやみました。眠ったのだろうと思って彼女はベッドに戻りました。数時間後、赤ん坊がまた泣き始めたので、彼 女はもう一度赤ん坊のところへ向かいました。赤ちゃんのいる部屋のドアを開けると、6,7歳の男の子が赤ん坊をあやしていました。男の子は彼女を見ると、 消えました。彼女はショックを受けて、近所の人たちに自分の体験について話しました。近所の人たちはその幽霊について知っていて、彼らによると、約80年 前に病気で死んだ男の子がいて、その子は赤ん坊の部屋のちょうど真下に埋葬されていたはずだとのことでした。

Green old man

When I was a kid, a thick-browed old man with huge ears and black beard lived in my house. His whole body was green. He left my house right before mother gave birth to my little brother.
Also, in a shrine of a mountain behind my house, there was a big old man who was taller than the shrine gateway, Torii. In other words, he was over 3 or 4 meters high. I often played with him. He jumped from mountain to mountain holding me in his arm. While the green man left right before my brother came into the world (as I was 3), the big man taller than the Torii left soon after I entered a kindergarten.
Thereafter, when I was in sixth grade, I first rode a roller coaster and that brought back the feeling I had felt when the big man jumped from mountain to mountain holding me in his arm.

(updated on Jan. 21, 2012)

スレンダーマン(Slender Man)

スレンダーマン(痩せ男、Slender Man)は何世紀にもわたって広範囲に存在したとされる異形の者である。スレンダーマンの存在を信じる者は、様々な地域で伝えられている多数の伝説(スコットランドのFear Dubhまたは「黒男」、オランダのTakkenmannまたは「枝男」、ドイツの伝説に登場するDer Grosse Mannまたは「ノッポの男」)に、スレンダーマンを結びつけている。

外見
スレンダーマンの調査で問題となるのは、彼の外見が人々の主観に基づくものであるらしく、報告内容が場所によって大きく異なるということである。これは文化的な偏向の結果である場合も多いが、目撃者は自分の恐怖心を目撃した対象に投影し、後になって思い出してもぼんやりした記憶しかないということもある。しかし、スレンダーマンを描いた多数の写実的な図画は、その姿が幾分変化しやすい性質を持っているという考えを反映しているようである。しかし、一般には、がりがりに痩せていて、背丈が7~9フィートもある青ざめた顔の男であると考えられている。スレンダーマンはよく黒い色のスーツを着ていると描写されるが、これは最近になって付け加えられた特徴のようである。


付属器官
多くの目撃談によると、スレンダーマンには付属の腕や脚があり、これが彼の外見をよりいっそう奇妙なものにしている。目撃者たちは、こうした腕や脚を「蛇のような腕」「見た目はロープみたい」あるいはよりいっそう的確に「動く木の枝」などと表現している。こうした器官はある一定の状況でのみ観察でき、移動手段として、あるいは武器として使用されるようだ。

歴史にあらわれたスレンダーマン
ブラジルの洞窟絵画

スレンダーマンは、長年にわたって様々な形で描かれている。スレンダーマンを描いたといわれる最も早期の絵画は、ブラジル北東に位置するSerra da Capivara国立公園の洞窟の中でみられる。この絵画は紀元前9000年に描かれたと信じられている。この絵画では、奇妙に細長い人物が子供の手を引く様子が描かれているが、スレンダーマンの特徴としてしばしば描かれる付属の腕や脚は見られない。

つづきはこちら

Childhood memories in Germany

I posted this story on many sites but no one believes me.
Between the ages of 4 and 6, I lived with my grandparents (Japanese) in a town named Blankenese, Germany.
In the town, there was a small house you could access through a deserted alley. The house had a yard, which was larger than the house itself and always bursting with fruit and flowers. Couple of rabbits and chickens were put to grass.

This story tells about my experience getting along with elves living in the house.
Though they were elves and had long pointed ears, they were normal in other aspects.
The elf family consisted of elderly lady, little boy (nearly at my age) and ugly girl with glasses (she was like a highschooler. maybe 16).
The boy was like a girl and far cuter than his sister.
They didn't look similar but I thought they were a family because they all had pointed ears.

I got acquainted with them after I was caught munching on blueberries that grew in their garden with my hands and mouth being totally blue with no permission from them.
The boy said to me "I'll kill you." ("Kill" and "die" were his pet phrases)
The elderly woman and girl forgave me saying "there are plenty of them" and invited me to their home to let me eat more of blueberries.
Thereafter I visited them almost every day because I thought they gave me snacks.
As I expected, the elderly lady always prepared cake for me, such as chocolate cake with cherries on it and pie cake. Her cakes were all really excellent and in particular her cheese cake was a masterpiece.
I don't remember it in details but the cheese seemed to contain white chocolate or fresh cream and melted on my tongue.
Further, I had the nerve to eat left-overs such as meatloaf and sausages. haha
They bothered to make fruit juice for me and satisfied every bit of my desire.
Though the boy said to me "You come here for foods, kiss my ass," we often played together.
What I was concerned about was that they never tried to go out of their premises.
When I once said to the boy "let's go out together," he replied "If I go out, I'll die." and I didn't ask any further.


つづきはこちら

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター