忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フーファイター(foo fighter)

フーファイター(foo fighter)とは、第二次大戦中に連合国のパイロットたちが使っていた言葉で、ヨーロッパや太平洋の上空で目撃されたさまざまなUFOや不思議な飛行物体を意味する。
フーファイターについて初めて報告し、フーファイターという言葉の生みの親になったのは、アメリカ第415夜間戦闘機部隊である。この時代のUFO現象は、フーファイターとよく呼ばれた。
正式に報告されたのは1944年11月以降であり、目撃者は、フーファイターは敵の秘密兵器であると想像することが多かった。しかし、戦後になっても正体は謎のままであり、連合国だけでなく枢軸国側からも謎の現象として報告されていた。マイケル・D・ソードは次のように書いている。
第二次大戦中、連合国のパイロットは、フーファイターについて非常に真剣に考えていた。こうした目撃の事例について、高名な科学者たち(David Griggs、Luis Alvarez、H.P. Robertsonなど)が意見を求められたが、説明することはできなかった。フーファイターに関する情報のほとんどを、軍当局は開示していない。

「foo」の語源
「foo」という特に意味のない言葉は、1930年代初期にポップカルチャーの世界で使われるようになった。最初に使ったのは漫画家のBill Holmanで、Holmanは自身の漫画(Smokey Stoverのような消防士漫画など)で「foo」という言葉をあしらった看板やフライパンを登場させた。Holmanは、「foo」という言葉が中国の人形の土台に使われていたので使ってみたという。「foo」は第二次大戦ころの軍隊文化の一部をなしており、FUBAR(fucked up beyond all [any] recognition)という「しっちゃかめっちゃか、混乱状態」を意味する俗語の基になったと考えられている。1944年までに、「フーファイター(foo fighter)」は、偽物のレーダー反応や怪しいレーダー反応を意味する言葉としてレーダー監視員によって使われていた。
PR

つづきはこちら

石ころスープ

戦後の東欧で、大飢饉が起こった。人々は食べ物ならなんでも用心深くため込み、友人や隣人にも見つからないようにした。
そんな東欧の見知らぬ国を、3人の兵士が重い足取りで歩いていた。兵士たちは戦場から祖国へと帰る途中だった。疲れ切っていただけでなく、腹ペコだった。もう何日も食事をとっていなかった。
「今晩はごちそうを食べたいなあ」と一人目が言うと、「ベッドで眠りたいなあ」と二人目が言い、「そりゃ無理だ」と3人目が言った。
兵士たちが歩いて行くと、突然前方に村の明かりが見えた。「食べ物や寝るところが見つかるかもしれないぞ」と彼らは考えた。
村の貧しい農民たちは、よそ者が近づいてくるので恐れた。3人の兵士が道をやってくるのが分かると、村人たちは話し合った。「兵隊が3人来るぞ」「兵隊はいつも腹をすかしているが、村の者は自分たちが食べるのにも困っている。」そう言うと、村人たちは、急いで食べ物を隠した。麦は納屋の屋根裏に隠し、ニンジンは布団の中に隠し、牛乳を入れた容器は井戸の中に隠した。食べ物をすべて隠すと、兵士が来るのを待った。

つづきはこちら

ジル・ド・レイ

ジル・ド・レイ(15世紀のフランスの貴族)は現代の連続殺人犯の先駆けと考えられている。連続殺人を犯す前は、聖ジャンヌダルクが率いる軍隊の隊長だった。ただ、ジャンヌダルクはおそらくジル・ド・レイのことを知らなかっただろう。最終的に彼は、何百人ではないとしても何十人もの幼い子供たち(主に男の子)を拷問、強姦、殺害した罪で告発され、有罪を宣告された。
今でも残っている裁判資料には、レイはブロンドヘアで青い目をした幼い男児などの子供たち(レイも子供のころ、ブロンドヘアで青い目だった)をだまして自分の屋敷へと連れて行き、彼らを強姦、拷問し、身体をバラバラにした。しばしば自慰行為を行い、瀕死の犠牲者に向かって射精したという。その後で、彼と彼の共犯者たちは、子供たちの切断された頭部を並べて、どの子が一番美しいかを論評した。レイによって殺された者は、焼かれたり埋められたりしたため、正確な犠牲者の数は不明である。一般には80~200人と言われているが、600を超えると考える者も少数存在する。犠牲者の年齢は6歳から18歳であり、男子も女子も犠牲になった。レイは男児を好んだが、男児を捕まえられなかったときは女児で間に合わせた。
裁判記録によると、ジル・ド・レイの従者の一人であるHenriet(彼の共犯者)は、主人の行為について次のように語っている。
「自分は主人のために子供を集め、主人が虐殺を行っている時にはそばにいました。子供は必ず、Machecoul城内の一室で殺されました。主人は、よく犠牲者の血で満たされた風呂につかったものです。ジル・ド・シレ(Gilles do Sillé)やPontouや私が子供たちを拷問するのを見るのが好きでした。主人は、子供たちが苦痛に悶えているのを見ると強烈な喜びを感じていました。従者たちは子供の頸動脈を切って、主人の上に血を噴き出させました。部屋はしばしば血でびしょぬれになりました。おぞましい行為が終わり、子供が死ぬと、主人は自分のしたことを悲しみ、ベッドの上で煩悶し、泣いたり祈りをささげたりしていました。あるいは膝をついて熱心に祈りを捧げました。その周りでは従者たちが床を洗い、大きな暖炉で子供の遺体を焼いていたのですが。遺体とともに、犠牲者の服などもすべて焼かれました。耐えがたい臭気が部屋を満たしていましたが、主人はその臭いに喜びを覚えていました。」

チャップリン映画に映ったタイムトラベラー

映画制作者のジョージ・クラークは、チャップリンの映画『サーカス』の中に変なものが映っているのに気が付いた。この映像は、DVDのおまけディスクで見ることができる。ほんの少しの間、おばあさん(女装した男だとも言われる)が映るのだが、このおばあさんは小さな薄い機械を耳に当てている。この映像が現代の物なら、おばあさんは携帯電話で話していると解釈できるだろう。しかし、当然、この映画は1928年につくられたものだから、それはあり得ない。ではこの映像は一体何なのか。このおばあさんはタイムトラベラーなのか?

映像は下記で見れる。(2分43秒あたりから)
ttp://www.youtube.com/watch?v=Y6a4T2tJaSU

Autumn 2001

In autumn, 2001, I had a cold and chills and was on the train of Seibu Shinjuku Line to go to hospital in Okubo, Tokyo. My head was killing me and I just endured pain with closed eyes and knitted brows.
My memory of things after that is gone. What I remember next is that it was an evening and I was in a place I didn’t know. I wore a shirt and pants that I didn’t remember purchasing. Also my hair was colored though I had never dyed my hair. I got panicked, entered a nearby ramen shop, and asked a shop staff where I was. I was in a place close to Fukushima Station in Osaka City, and one year had already passed since I was on that train in Tokyo in autumn, 2001. The cell phone I had with me was different from that I had had before. About ten names were listed on the address book and each of them was registered with only one Japanese character like “ma” or “hi”. But those names were all strange to me and my friends and my parents’ house were not registered. I don’t know why, but I got frightened of those unfamiliar phone numbers and threw the cell phone in a river. I called my parents’ house from a police station. They also got panicked. They had requested the police to search for me. Anyways, I returned home.
Even now I still see a psychiatrist once a month. I could not rejoin the company I had worked for before, so currently I work as a temp staff.


(Administrator comment: It seems like this article was postd on a Japanese website in around 2005.)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター