忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ギリンガムの火災事故

ギリンガム・フェア火災(ファイアマンズ・ウェディング火災とも言われる)は、イギリスのケント州ギリンガムで1929711日に起きた。消防隊員によるデモンストレーション中の事故で、15人の男性と子供が亡くなった。

背景
1920
年代のころは夏になると、地元のセントバーソロミュー病院の資金集めのためにギリンガム公園でお祭りが催されていた。このお祭りで一番盛り上がるのは、お祭りの最後にギリンガム消防署の隊員たちによって行われる消防・救出活動のデモンストレーションだった。
毎年、木材と布で3階建て(高さ12メートル)の建物が公園に建てられた。この建物の中で、模擬結婚式が行われ、二人の消防隊員が新郎新婦の格好をしてゲスト(他の消防隊員、海軍の士官訓練性、ボーイスカウトのグループ)をねぎらうのだが、その最中に火災が起こる。そこで建物の中にいる人たちの救助が上の階から行われる。もちろん実際には、閃光弾や発煙筒で火事が起こっているような演出を行うだけだ。全ての人々が救出された後に、建物に火がつけられ、消防隊員たちは自分たちの消防技術を思う存分に発揮して鎮火を行う。

火災事故
6
人の男性と1014歳の9人の少年たちが、救出されるために建物の中に入った。しかし原因は分かっていないが、なぜか建物に予定より早く火がつけられてしまい、大災害を引き起こすこととなった。火はまたたく間に広がり、建物の最上階まで到達し、中にいた者たちは燃えさかる建物から出られなくなった。消防隊員たちはすぐに火災が演出ではなく本物であることに気付いたが、見物客たちはおかしいとも思わずに、助けを求める叫びを演技と考えて、驚くほどリアルな演出に歓声や喝采を送ったという。彼らが火災が本物だと気付いたのは、服に火が付いた二人の少年が建物の屋上から死に物狂いで飛び降りたときだった。
火は数分で消し止められたが、火勢は強く13人がその場で亡くなった。救出された者が2人いたが、やけどのために病院で息を引き取り、死者は全部で15人となった。この2人が亡くなったのはセントバーソロミュー病院で、彼らはこの病院の資金集めのためにイベントに参加していたのだった。犠牲者の葬儀は717日に行われたが、当日にはギリンガムのすべての商店は店を閉め、何千もの人々が葬儀に参加し、その葬列は3キロにもおよんだ。

PR

バンクーバーの殺人鬼

カナダのブリティッシュ・コロンビア州で養豚業を営んでいた億万長者のロバート・ピクトンは、650人の売春婦を殺害したシリアルキラーである。彼はバンクーバーの売春婦を殺し、遺体を切断し、ブタの餌にした。しかし、これはこの男の異常な行動のほんの一部にすぎない。
ピクトンはしばしば、バンクーバーの裏通りを徘徊し、金とドラッグを提供すると言って売春婦を誘い、彼女らを自分の養豚場に連れて戻った。ピクトンはそこで彼女らを殺害し、遺体を解体し、独特の方法で処理した。
ピクトンは遺体をブタの餌にしただけではなかった。一部の犠牲者の頭部、手、足をまとめて、養豚場の周りに設置した冷蔵庫の中に保存した。犠牲者の中には、葉っぱや木くずと一緒に木材破砕機で処理された者もいた。捜査官たちは、ピクトンが豚の不要な部分(内蔵、血、骨)と人間の遺体をまとめて、バンクーバーの動物飼料精製工場に提供したことは間違いないと考えている。それらは口紅やシャンプー、石鹸の材料になった。


つづきはこちら

1561年のドッグファイト

156144日の早朝、ドイツのニュルンベルグ上空で不可解な現象が目撃されたという記録がある。これは、空中の不可解な現象に関する記録のなかでも最も古いものに属する。ニュルンベルク上空で、球体や槍、円柱、十字架、板状などの様々な形の物体が戦闘を行った、というのが記録の内容である。空は、戦闘を行う機械のような物体で、1時間以上にわたって埋め尽くされていたようである。どちらが優勢なのかも分かったらしい。楕円形のUFOが、円柱状の母船からたくさん現れた。戦闘が終わるころには、見る者を圧倒する、槍状の巨大な黒い船が現れたらしい。この戦闘を描いた版画がHans Glaserという人物によって彫られている。また、製作者不詳の、同じ事件を描いた別の版画も残っている。
版画では、2人の人物が事件を目撃している様子が描かれている。奇妙な形をした色とりどりの、何百もの物体が空を埋め尽くした。版画ではまた、二つの物体が地上に墜落した様子も描かれている。



つづきはこちら

古着店

町に新しい古着店がオープンし、ある女性がその店でドレスを買った。彼女はそれを着てパーティに行った。パーティの途中で、すこし気分が悪くなったが、カクテルを何杯か飲んでいたので、酔ったんだろう、ぐらいにしか考えなかった。しばらくして、友達にさよならを言って家に帰った。その夜、アパートの部屋で一人でいるときに、具合がどんどん悪くなり、朝までには彼女はトイレで死んでしまっていた。パーティドレスは着たままだった。

死体安置所での検視のとき、検察医は遺体のドレスに見覚えがあることに気づいた。何週間か前に持ち込まれた遺体が身に着けていたドレスだった。検察医はその遺体をドレスごと防腐処理し、その後で、ドレスを脱がせて、そのドレスを知り合いの古着店に売りはらったことを思い出した。

検察医は、防腐処理液がドレスにしみ込んでいたのだと気付いた。女性がドレスを買ってパーティに着て行った時、彼女は防腐処理液に身をさらしていたのだった。防腐処理液は彼女の身体にしみ込み、彼女を死に至らしめたのだった。

 

 

Are you my mom?

I am writing a story of my strange experience. This story is a bit long.
I was on the way to the university and waited for the signal to turn green, spacing out. Then suddenly a man next to me asked me “Are you my mom?”
At that time I was a 20-year-old university student and had no experience of being pregnant and giving birth to a baby. Moreover, apparently the man was over 30 years old.
Shocked, I replied “Y... you are talking to a wrong person.” He looked surprised at my answer and took on a “why-are-you-lying” look. I was again shocked at his look.
When the light turned green, I left the place quickly. I hate to say this but he had an air of lunatics. He was very skinny and bug-eyed, wearing a shabby shirt and hanging a small yellow bag from his shoulder. This was my first encounter with him and I had seen him many times over the next several years.
From then on, he waited for me at the place every day and never failed to ask me “Are you my mom?” Of course I replied no to him, and he left. Though he’s kind of eerie, I didn’t have to call the police.
But one day he started to appear at my university and after multiple encounters with him at the campus I shouted angrily at him. I think I said “Do not appear in front of me!” and “You make me sick!” and the like.
After that I didn’t see him. Then I graduated from the university in Tokyo and went back to my parents’ home. About one year had passed since I started to live with my parents, and I had a phone call from my friend in Tokyo for the first time in about a year.
She said that she met the stalker and was asked “Where is my mom?” causing her to feel scared and run away. When I heard her story I just thought “there was someone like that in the past but he is a total stranger to me now.” But on the Mother’s Day of the next year, I found a withered carnation at the entrance of my house. The look of the stalker quickly came to my mind. Frightened, I talked to dad and I went to the police with him but the police didn’t take my story serious. There were neither injuries nor damages I suffered so I couldn’t blame the police for their actions but I was very anxious.
Several months had passed since then and at one night of heavy snowfall, I walked on the roadside in a city when a car suddenly slipped resulting in me being injured in a chain-reaction crash. I temporarily passed out and when I came to myself, I was caught between a car and a fallen tree. My whole body hurt and I couldn’t move a bit. Even if I called for help, my voice was drowned out by the noise. Nobody noticed me. Close to me, a fire blazed up and I thought this might be my end. At that time I heard that man’s voice saying “Mother! Mother!” loudly. I found myself shouting “I’m here! Help! I’m here!” He seemed to also get involved in the accident because he was also covered in blood. He removed snow that accumulated around me in order to drag me out and after I was rescued, I noticed he was more badly injured than I and his injury seemed to cause a great pain. But he smiled at me asking “Are you my mom?” I don’t know how to describe the feeling I felt at that time but I said “yes… yes…” nodding and bursting into tears. When I wiped my eyes and looked up, I couldn’t find him anywhere. He disappeared in a blink of an eye.      
I have never seen him since then. I don’t know what he was but I don’t think he is what they call a ghost.
When it’s snowing, I remember my son whose name I don’t know. Thank you for reading this to the end.

カレンダー

07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター