忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サウジアラビアでのガス田探索中に、巨人の骸骨が発掘された

giantman.jpg
主張:サウジアラビアでのガス田探索中に、巨人の骸骨が発掘されたという。
判定:ウソ

記事の例:アラビア砂漠の南東地域でガス田を探索中に、巨大な骸骨が発見された。アラビア砂漠のこの地域は「エンプティ・クオーター(空の地域)」 と呼ばれている。発見したのはアラムコの探索チームだ。コーランの中で神は巨人たちを創造したと述べているがそれを傍証して いるかのようだ。この巨人たちはAadの民と呼ばれ、そこには預言者Hudが送られた。Aadの民は背が非常に高く、大きく、非常に 強かったので、木の周りに腕をまわして、そのまま大地から引き抜くことができた。あらゆる力を与えられていたAadの民は後 に神と預言者に逆らうようになり、神の設けた全ての境界線を踏み越えてしまった。
サウジアラビアの聖職者たちは、今回発見された巨人の骸骨はAadの民のものだと信じている。サウジの軍隊が一帯を封鎖し、アラムコ の社員以外は立ち入り禁止になっている。骸骨については秘密にされているが、軍のヘリが上空から撮った写真のうちの一枚が、 インターネットに流出した。添付の写真を見て、写っている二人と骸骨の大きさを比べてみてください!

検証:多くの宗教は遠い昔に生きていた巨人族について語っているが、上記の文と写真はそうした宗教説話の考古学的な証拠にはならない。
上の写真はWorth1000(画像編集ソフトを使って写真を編集するスキルを競い合うコンテストを主催しているサイト)にアップさ れたものである。この巨人の骸骨の写真は、このサイトが行っている「考古学的異形コンテスト」に応募されたものである。この コンテストでは、一番本物っぽい考古学的なフェイク写真を作ったものが優勝する。「応募者は非常にリアルな考古学的発見の写 真を作成してください。掲載されているのがWorth1000でなかったら、人々が度肝を抜くような写真です」
この写真の元ネタは、ニューヨークのハイドパークの発掘現場でとられた写真だ。この発掘現場では、科学者たちがマストドン の化石の発掘作業を行っていた。その後誰かが、Worth1000コンテスト応募作品に使われたフェイク写真に、預言者Hudに関する イスラムの言い伝えを交えた文章を添えたのだ。このフェイク写真は、バングラデシュの独立系ニュースサイトと説明された 「ニューネーション」というサイトに本物のニュースを装って掲載されたあと、瞬く間に広まった。

2007年の5月にはあるブログが「Bhimaの息子Gadotkachのような骸骨が発見された」というタイトルでこのイタズラ写真を掲載し た。ブログでは、インドタイムズ2004年4月22日の記事に基づくと記されており、発見場所もサウジアラビアから北インドに変更 され、数枚のイタズラ写真が追加されていた。



ttp://www.snopes.com/photos/odd/giantman.asp
PR

クモの卵(1970年代アメリカ、風船ガム)

1976年から販売されたバブル・ヤムは、やわらかい風船ガムとしては初めてのものだった。バブル・ヤムはすぐに大ヒット商品になった。
バブル・ヤム以前は、風船ガムは固いものばかりで、風船をふくらませられる状態にするには相当強くかみつづけなければならなかった。バブル・ヤムはまさに画期的で、数回かんだだけで風船をふくらませることができた。どのくらいやわらかいかというと、幼児でさえバブル・ヤムを指にはさんでつぶすことができるほどだった。
どんな菓子でもこれほど画期的なものは、若者の間に疑惑を呼び起こすことになる。「なぜこんなにもやわらかいのか?」について誰もが噂した。子供たちがもっともらしい答えを創造するまでには、大して時間はかからなかった。中に何かやわらかいものが入っているに違いない。クモの卵よりやわらかいものってあるだろうか?1977年の春までに、バブル・ヤムの売れ行きは大きく落ち込んだ。バブル・ヤムの中にはクモの卵が入っている、あるいはバブル・ヤムはクモの巣を材料にしているという噂は瞬く間に広がっていた。



ttp://urbanlegendsonline.com/bug_chewy.html

バニーマン橋(バージニア州フェアファックス郡)

南北戦争後、バージニア州のフェアファックス郡は人口が増え、精神病院も建設された。誰も精神病院の近くには住みたがらず、市民暴動のために施設は閉鎖された。
病院の経営者は患者を別の場所に移し、1904年に移動は完了した。移動の途中、何人かの患者が逃げ出し、周辺の森に身を隠した。この患者たちは心が荒廃 し、妄想的で、危険だった。マーカス・ロウスターとダグラス・グリフィン以外のものはほとんど見つかった。地元警察は二人の足跡を見つけたが、足跡の周辺 には半分食われた兎のバラバラ死体が散らばっていた。
足跡は森を抜け、小川をまたぐトンネル橋に続いていた。そこで警察官たちはトンネル橋の入口にマーカスがぶら下がっているのを見つけた。彼の足には、「どんなに頑張っても俺を見つけることはできないぜ!バニーマンより」と書いたメモが付いていた。
それ以来、そのトンネルはバニーマン橋と呼ばれるようになった。
言い伝えでは、夜中にトンネル奥深くへと歩いていくと、バニーマンに捕えられ、橋の入り口から吊るされるという。
奇妙な死や現象がバニーマン橋に結び付けられてきた。バージニア州クリフトンの若い男が、旅行中に橋の上を通りかかった。のちに彼は両親を殺し、死体を森 の中へ引きずって行き、橋から吊るした後、自殺した。1943年には3人の若者(2人は少年、一人は少女)が、ハロウィンの夜にバニーマン橋に行った。3 人は死体で見つかり、体を切り開かれて橋から吊るされていた。3人の足には「バニーマンを捕まえることはできないぜ!」というメモが付けられていた。
2001年には、話を聞いた6人の学生と一人の地元ガイドが辺りを探索した。彼らはバラバラにされた兎の死体を見つけ、森の中で動く人影と物音を耳にした後、森から逃げ出した。


ttp://urbanlegendsonline.com/bridges_bunnyman.html

UFOの出現に町は息をのんだ(2007年7月26日MailOnlineの記事)

5つの不思議なUFOが空に浮かんでいるのに気づいた時、100人の群衆はぎょっとして静まり返った。
パブで酒を飲んでいた者たちも路上にあふれ出た。ドライバーは車を止めて空を見上げ、カメラ携帯のレンズは上空に向けられた。5つのオーブが見たところ編隊を組んで、ストラトフォード・アポン・エイヴォンの町の上空に30分ほど浮かんでいた。
未確認飛行物体は土曜、ウォーウィックシャイアにあるシェイクスピア生誕の町の上空で、夜空を照らしていた。
航空管制センターからは何らかの異常な活動についての報告はなかったが、目撃者の中には自分たちは地球外の生命体に遭遇しているのだと考える者もいた。
まず町の上空を光がゆっくり移動しているのが見えたあとで、3つの光が三角形のフォーメーションを取り、1つの光が三角形の右側に位置した。
数分後、5つの目の光が現れ、恐ろしいスピードで他の光に近づくと、しだいにスピードを落として、他の光から少し離れたところで止まった。
UFOの正体は燃えたアドバルーンや花火、あるいは松明の灯りだと言う懐疑派の人たちもいたが、UFOの速度や素早い動きは、どのような飛行機とも異なるもので、UFOの奇妙な動きには音が伴っておらず、滞空時間の長さから考えても、人間の手によるものだとは考えられないと言う人たちもいた。
イギリス地球大気不思議現象協会(British Earth Aerial Mistery Society)のヒラリー・ポッターは、同協会には全国から同じような事件についての電話が殺到していると述べたが、これほど多くの人々に目撃される例は珍しいと述べた。
「この種の事件は最近増える傾向にあります。今、全国から報告が寄せられています」と、ヒラリーは述べた。
ストラトフォードのすぐ外側にあるウェルズボーン飛行場のフランキー・スプレイ氏は、「光は我々とは無関係だ。我々の飛行機はこの時期は夜間に飛行しない」と述べた。「とても奇妙だが、光の正体については全く分からない」
町の上空を監視しているバーミンガム航空管制局(Birmingham Air Space)は、レーダー上には異常な活動を確認していないと述べた。

アパートの幽霊(ケンタッキー州コビントン)

私は子供のころから自分には幽霊を感じる力があると思っていました。でも5年前に母親になった時から、幽霊を見ても見ないふりをするようにしました。幽霊の話をするのをやめ、怖がらないように努力しました。幼い子供たちを怖がらせたくなかったからです。しかし、幽霊を無視するのはそんなに簡単ではなく、子供たちもいつかは見るようになるだろうと思いました。
私の話はケンタッキー州のコビントン(Covington)で始まります。長男は当時3歳でした。私たちは新しいアパートに入居しました。そこは新しく改築されたばかりで、とても素敵でした。家賃はとても安かったです。ある夜、暖炉に火を入れるまでは、何も問題は起こりませんでした。眠っていた私は一酸化炭素中毒だと思って、ベッドから飛び起きました。こんなふうに夜中に飛び起きたことは3回ありましたが、それは決まって午前3時24分でした。
3歳の息子はいつも風呂場で遊んでいました。ある日息子に「何をしているの?」と尋ねると、息子は「おじさんと遊んでいるんだ」と答えました。「おじさんて誰?」と聞くと、地下室に住んでいるおじさんだと言いました。風呂場には穴があいていて、そこから地下室があるのが見えました。このとき、子供たちがおじさんを怖がり始めたので、私も恐ろしくなりました。
ある日、隣の家の人が、私と夫に話しかけてきました。私たちが越してくる半年前に、私たちのアパートで女の人が一酸化中毒で亡くなったそうです。彼女が死んでいるのが発見されたのは1週間後でした。その話を隣人から聞いたのと同じ日に、女性の姪という人が突然訪ねてきて、同じ話を私にしました。理由は分かりませんが、亡くなった女性が私に彼女のことを知ってほしかったのだと思います。
その女性の霊はいい霊でした。彼女は、明かりをつけたり消したり、冷たいものを感じさせたり、花の匂いを漂わせたりして、自分がそばにいることを示しました。しかしおじさんの霊はまだ子供たちを怖がらせていました。ある時、隣の家の人に男の霊について話すと、隣人は、何年か前にあの地下室で亡くなったホームレスについて話をしてくれました。警察によると殺人事件だったそうです。言うまでもありませんが、2,3カ月してからそのアパートを出ました。今住んでいるアパートでは、時々真ん中の息子が幽霊がいると口にします。
(投稿者ケンタッキー州、シャーリー・ヒュージ)

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター