忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母の嘆願

ある夏の夜、町で映画を見てきた夫婦が、車を家へと走らせていた。家に帰る時にいつも使う道を走っていると、道の端に女の人が立っているのに気づいた。女性は道路に転がるように出てきたかと思うと、夫婦の車に向かって、止まるように手を振った。
夫婦は車を止めて、女性の救助に向かった。女性はひどいケガをしているようで、目には涙をためていた。車で事故を起こしてしまったが、バックシートの赤ん坊を車の外に出せないでいると言った。
男は自分が行って赤ん坊を助け出すから、妻と一緒にいるようにと女性に言った。男がめちゃめちゃになった車に近づくと、バックシートで泣いている赤ん坊の声が聞こえた。男は赤ん坊がまだ生きていることに安心して、車へと走った。バックシートに入り込んで、赤ん坊を救出する。赤ん坊を持ちあげたとき、運転席と助手席で男女が死んでいるのに気づいた。男は、妻と女性が待っている場所に向かったが、その場所に着いてみると、いるのは妻だけだった。
「あの人はどうしたの?」と妻に尋ねると、「彼女は車に戻ったわよ」との答え。妻も赤ん坊が元気な様子なので安心したようだ。
男は赤ん坊を妻に預けて、女性を探しに車へと戻った。めちゃめちゃになった車の所へ再びやってくると、女性を呼んだが、答えはなかった。男が車の前に来た時、壊れたフロントガラスを通して、死んだ男女が見えた。その瞬間、男の顔は真っ青になった。助手席で死んでいる女性は夫婦の車を呼びとめた女性だった。


サイト管理者コメント:
フロリダの話らしいが、日本でもよく語られていそうな話だと思う。このタイプの話は国を問わず流布しているのかもしれない。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター