忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビッグバード

巨鳥がペンシルバニアで目撃された。2001年9月25日火曜日の夕刻、19歳の青年が、ペンシルバニア州サウスグリーンバーグの国道119号線の上を飛ぶ、巨大な翼をもつ生物を目撃した。嵐の中ではためく旗に似た音を聞いた青年は空を見上げた。鳥の翼長は10~15フィート(3~4.5メートル)に達し、頭は約3フィート(90センチ)だった。
この目撃談は、「サンダーバード」に関するものとしては最新のものだ。「サンダーバード」はふつうは神話上の存在と考えられている。こうした巨鳥は科学的にはその存在を確かめられていないが、その目撃例は何百年も前からあり、北米先住民が語り継いできた伝説の一部になっている。巨鳥は、小さな子供を誘拐することでも知られている。

9月25日に、青年は、巨大な黒または茶灰色の鳥が50~60フィート頭上を通り過ぎたと、研究者のDennis Smeltzerに証言した。「翼を優雅にはばたかせているという感じじゃなかったです。恐ろしい雰囲気でゆっくりと翼をはためかせて、道を通行するトラックの上を飛んで行きました」
青年はその鳥を90秒間見つめており、鳥が枯れた木の枝にとまるのも目撃した。枝は鳥の重さで今にも折れてしまいそうだった。残念ながら、この日、青年の他にはだれも鳥を見た者はおらず、現地調査によっても何らの物証も得られなかった。
しかしそれでも青年の話は興味深く、もっともらしいとさえ思える理由がある。似たような鳥の目撃例が、2001年の6月と7月にペンシルバニアで報告されているのだ。

ttp://paranormal.about.com/library/weekly/aa100801a.htm
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター