忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姿なき幽霊

2000年から2006年まで、私と妻はある地方の古い農家に住んでいました。居間には4つの大きなクランク式の窓があり、下の玄関に続く私道を見下ろせました。車のドアが開いたり閉じたりするような音がたびたび聞こえました。音はとてもはっきりしていたので、私たちは窓のそばへ行って誰か来たのかと玄関の前を確認しましたが、誰もいませんでした。家の中で足音を聞くこともよくありましたが、やはり誰もいませんでした。
このことを誰かに話しても、信じてもらえないか、強烈な幻覚のせいではないかとか言われるだけでした。しかし、義理の妹とその子供たちが、数週間私たちの家に泊まりに来たことがあり、はじめて泊まった日の翌朝、彼女はこんなことを言いました。誰かが廊下を歩いている音がして、誰かと思って廊下に出たけれども誰もいなかった。音のことは全く信じていなかったけれど、自分が体験してしまった、と。2週間の宿泊の間、彼女は車のドアの音も何度か聞きました。
危険を感じたり、恐怖を覚えることはなかったので、問題は実際には何もありませんでした。でもあの家には幽霊がいると思います。誰の幽霊かは分かりません。理由も全く分かりません。ガソリンの価格が不安定だったので、私たちは町に引っ越しました。今は別の人が住んでいます。彼らも音を聞くことがあるのか聞いてみたいですね。
(Kennethさんの投稿)
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター