忍者ブログ

怪奇観測所 Center for Gothic Phenomena

海外の怪奇な話、都市伝説、オカルト話を翻訳してみる。(This website includes English translations of Japanese urban legends, scary tales and strange stories.)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偶然の一致?

私は以前、5人の姉妹と兄と一緒に、サンフランシスコの3階建の家に住んでました。私が家にいるときは、ほかに誰かが1人はいるという感じでしたね。ある日、私は地下室におもちゃを取りに行きました。照明のスイッチを入れて、階段を下りて行きました。でも階段の真ん中あたりに来た時、明かりが消えました。私は兄のケビンがいたずらをしているのだと思って、怒鳴りました。反応はありませんでした。私は仕方なく階段を上ってまた電気を付けました。階段を下りると、また同じことになりました。私が3度目に階段の中ほどにたどり着いた時、明かりがまた消えました。この時にはケビンの仕業ではないと分かりました。私の首のまわりに誰かの手が触れて、すごい力で私の首を絞めるような感じがしました。私はほとんど気を失いそうになり、その時、再び明かりが灯りましたが、誰もそこにはいませんでした。
15年ほどたって、この奇妙な出来事のことは忘れてしまっていたのですが、ある時、スーパーマーケットで男の人が私に話しかけてきました。育ちはどこかという話になり、彼はサンフランシスコだと言いました。「へえ、サンフランシスコのどこ?」と私は聞きました。「Visitation Valleyだよ」と彼。「うそっ!どこの通り?」と私は聞いたかな。「Nueva」と彼。もう皆さんは彼がどこの家に住んでいたかお分かりでしょう。そうです、私たちの住んでいた家です。通りが同じだったのでびっくりし、私をからかっているのではないかと思いました。だから私は、近所はどんなだったか、近所にはだれが住んでいたかと聞きましたが、彼の答えは私の知っているのと同じでした。私たちより2年前にあの家に住んでいたそうです。「なぜ引っ越したの?」と聞くと、「父親が地下室で首をつったんだよ」と言われました。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/05 effects]
[05/05 cialis]
[05/05 cialis_online]
[05/04 generic]
[05/04 cialis]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ぽたー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター